ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

企業情報トップ > 企業の社会的責任(CSR)|誠実な企業活動(公正な事業慣行):公正で透明な取引の徹底

印刷用ページ

誠実な企業活動(公正な事業慣行)

公正で透明な取引の徹底

コンプライアンスの実践

コンプライアンスを遵守し適正な企業行動を実践することは、当社が社会から信頼され、社会と共生し、健全な事業活動を行うために必要不可欠なものと考えます。
当社では、当社の全役員、従業者が遵守すべき行動規範として「セディナ・コンプライアンスマニュアル」を制定して周知徹底をしています。
「お取引様との関係」においては、公平かつ自由な競争原理に基づいて公正な取引を行うこととし、健全かつ誠実な取引に努めています。
また、「接待・贈答の禁止」「インサイダー取引防止」「反社会的勢力との関係遮断」について社内規定を定め、公正な事業慣行のための企業倫理を周知しています。
全役員、従業者は、業務のあらゆる場面において、コンプライアンスマニュアルに則り、法令及び社内規則に従って、適正に業務を行います。

クレジットポリシー

当社は、クレジット取扱いにおける基本方針として「クレジットポリシー」を掲げ、これを実践、遵守し、企業としての公共性と社会的責任を認識し、一層の消費者保護に努めてまいります。

反社会的勢力との関係遮断

反社会的勢力の対応

当社は、反社会的勢力に対する基本方針を定め、その方針に基づいた規定、規則を整備のうえ、反社会的勢力との関係を遮断する体制を整備しております。具体的には、反社会的勢力との取引の未然防止に努めるとともに、契約書や取引約款に暴力団排除条項を導入し、取引開始後に相手方が反社会的勢力であることが判明した場合には、外部専門機関と連携の上、適切に対応しています。

マネー・ローンダリング等防止態勢

マネー・ローンダリング等防止に向けた取組み

当社は、近年のマネー・ローンダリング等防止に向けた国際的な要請の高まりを受け、マネー・ローンダリング等防止への取組みについて、その重要性を認識し、法令に基づく取引時確認、疑わしい取引の報告等、マネー・ローンダリング等防止に向けた適切な態勢を構築し、専門部署が一元的に管理、推進しております。