ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文になります。

ICカードでのご利用

ICチップ搭載で、より安全・よりスマートに!

ICカードは構造が複雑で偽造が難しく、セキュリティ機能に優れています。
これまで以上に安心してご利用いただけます。ご利用方法をご覧いただき、より安全に、よりスマートなカードライフをお楽しみください。

  • IC(IntegratedCircuit)チップ搭載のカードを「ICカード」といいます。
IC(Integrated Circuit)=集積回路

ICカードのご利用方法について

お手持ちのICカードを、加盟店端末のピンパッドに差し込んでください。

  • 加盟店の店員がカードをお預かりし、ピンパッドに差し込む場合もございます。

お客さまご自身で暗証番号を入力してください。
金額をご確認のうえ、ご自身で暗証番号を入力し、ENTキーを押してください。

  • 加盟店の店員が、暗証番号をお伺いすることはございません。

サインは不要です。
ICカードと売上票のお客様控えをお受け取りください。

ICカード対応端末が設置されていない加盟店でのご利用方法
これまでのクレジットカードと同じご利用方法です。売上票に、カード裏面と同じサインをご記入ください。

ご利用上のご注意

海外でのご利用について

海外では、ICカードやIC端末機が日本国内よりも普及しております。
国や地域により、クレジットカードご利用の際に暗証番号の入力を求められることがございます。
暗証番号をご存知でないと、店舗によってはカードがご利用いただけない場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。

暗証番号をお忘れの場合

お手数ですが、アンサーセンターへご連絡ください。
後日書面でご案内させていただきます。
(暗証番号の通知は、口頭では行っておりません。)

暗証番号変更のお願い

暗証番号を生年月日やご自宅の電話番号など、他人に推測されやすい番号にされているお客さまは、推測されにくいご本人さましか分からない暗証番号への変更をお勧めします。
暗証番号の変更手続きは「24時間自動音声応答サービス」にて承ります。
◆ICカードの暗証番号を変更した場合、ICカードが再発行されます。
(同じカード番号で再発行しております。)

ご注意ください!

最近、カード会社や警察になりすまし、電話で暗証番号を聞き出そうとする悪質な手口が発生しています。
カード会社や警察が、電話口で暗証番号を確認することは絶対にありませんので、ご注意ください。

24時間自動音声応答サービス

  • サービスコード
    60
  • 16桁または11桁のカード番号
    #
  • 現在の暗証番号
  • 新しい暗証番号
  • 確認のため再入力(新しい暗証番号)
  • 手続き完了

ページの終わりになります。