ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文になります。

海外での利用覚えのない請求について

海外のホテル、レンタカー利用時の追加請求(レイトチャージ)について

宿泊票・契約書などにおいて、チェックアウト・返却時の精算に間に合わなかった際、追加請求をあげることに同意する文言が記載されていることがございます。ホテルの場合は、電話料金・室内ミニバー・クリーニング料となり、レンタカーの場合は、ガソリン代・スピード違反・駐車違反、修理代金などが追加料金の一例です。
このような際、まずはお客さまからご利用になったホテル・お店へ直接お問合せください。

  • 連絡する際は、証拠が残る電子メールをお勧めいたします。

それでも解決できなければ、お客さまがお持ちの証拠をもとに請求取消の申し立てを行うことが可能となりますので、弊社までご連絡をお願いいたします。(ご希望に添えない場合もございます。)

  • 利用後に追加請求が発生した場合に備えて、お店から受け取った契約書やレシートなどの控えは保管してください。
  • 申し立てには期限があり、交渉には期間を要することがございます。

海外ホテルの不泊料請求(ノーショーチャージ)について

海外のホテルを予約する際、宿泊料とは別にクレジットカード番号を事前に求められることがございます。何らかの理由で、お客さまが宿泊しない際、ホテル側へのキャンセル連絡をしないと、ホテル側は部屋を仮予約しているため、例えお客さまがチェックインをしなくても、予約時のクレジットカード番号で自動的に宿泊料が請求されます。これを「No-Show Charge(不泊料)」と言います。海外では一般的な商慣習ですのでご注意ください。
ホテルを予約する際、(1)予約の内容(2)キャンセルの可否(3)キャンセル時の条件のご確認お願いいたします。
宿泊しない際は、予約時に指定されたキャンセルポリシーに基づき連絡を行い(1)キャンセル日時(2)キャンセル番号(3)担当者名をお控えください。

  • 連絡する際は、証拠が残る電子メールをお勧めいたします。

キャンセル連絡をしたにも関わらず、料金が請求された際は、まずはお客さまから直接ホテルへお問合せください。それでも解決できなければ、お客さまがお持ちの証拠をもとに請求取消の申し立てを行うことが可能となりますので、弊社までご連絡をお願いいたします。(ご希望に添えない場合もございます。)

  • 申し立てには期限があり、交渉には期間を要することがございます。

二重請求について

店舗の端末機の故障などにより、複数回操作をしたが、署名は1回のみ行ったという場合は、現地クレジットカード会社に対し、お客さまがお持ちの証拠をもとに請求取消の申し立て行うことが可能となりますので、弊社までご連絡をお願いいたします。

  • 申し立てには期限があり、交渉には期間を要することがございます。

国内利用分が『海外利用分』と表示される事象について

日本国内利用の一部について、インターネットを通じた有料サイトや通信販売サイトのご利用代金、またはソフトダウンロードご利用代金などにおいては、サイト運営会社・管理会社が海外企業となることがあるため、明細に『海外利用分』として表示されることがございます。
また、一部の店舗について、カードご利用代金明細上に、店舗名に続いて日本国内の連絡先が表示されることがございます。万が一、店舗名で利用内容がご不明な際は、店舗のお問合せ窓口(連絡先)へ直接お問い合わせください。

  • 弊社を通じて問い合わせをする場合、交渉には期間を要することがございます。

海外サイトとのインターネット継続契約について

定期的に利用代金を請求される有料サイトのお申込みをされ、退会をご希望の場合は、会員さまご自身で直接有料サイトへご連絡していただく必要がございます。

  • クレジットカード会社からの解約代行は行えません。

ページの終わりになります。